FXの基礎

必ず大損してしまうビギナーの負けパターン3つ。調子に乗った自分に気付けるか!!

FXで大損してしまうパターン
LINEで送る
Pocket

実際にトレードを始めてみたものの、
大損して撤退する方が多いのが現実。

勝てないトレーダーにありがちな、
負けパターンをまとめてみました。

1.ビギナーズラックで調子に乗ったところで大勝負

FXを始めたばかりの初心者の方にありがちで、たまたまうまく勝ちが続いてしまい、自分はできるという過信が生まれてしまうパターンです。

初めは慎重に損切り設定をしていたのにも関わらず、それを外してしまう方が非常に多いのが現実。外さなくとも、損切り設定値近くにまで値がくると、都合の良い方向に設定値を動かしてしまうこともありがちです。

過信と感情のコントロールが不十分なのが原因で、結果が良くも悪くとも落ち着いて自分のスタイルを貫き通せられるかがポイントになってきます。

2.高い勝率でも、たった一度のトレードで大損

すでに自分のトレードスタイルを確立し、実際に高い勝率を挙げている方のパターンです。FXではいくら勝率が高くとも、ある1回のトレードの損失が大きくなるだけで、それまでの利益が吹っ飛んでしまいます。

これをしっかり防いでいくには、予定外の損失を無くすための損切り設定が最も重要になってきます。突然の要人発言などで、値がパーンと大きく飛ぶことが多々あるので、そうした想定外の動きがあっても想定内の損失で食い止めるリスクヘッジが重要です。

また同時に、薄利での決済を極力抑えながら取れるときには大きく利益を狙っていく、大胆さもトレーダーには大切です。

3.売買ルールを確立したものの、守れず大損

自分の売買ルールを構築することなく、その場の感情や勢いでトレードを続けてもトータルで利益を増やしていくことはできません。

まずは、デモトレードなどで何度も何度も試行錯誤しながら、これを続ければ必ず勝てるという確信のある売買ルールを作ることが大切です。しかしながら、いざルールを構築してもそのときの気分でそれを守ることができず大きな損失に繋がることがあります。

原因は、自分のスタイルに対して100%の自信・確信がないこと。確固たる確信のあるルールであれば、それを破ることは逆に怖くてできなくなります。

4.大損してしまう負けパターンのまとめ

この他にも、様々な形で大きな損失を出してしまうトレーダーがたくさんいます。いかに素晴らしい分析手法を用いたとしても、それを使うのが心を持った人間である以上、感情や気持ちの部分が大きく関わってきます。

勝ち続けていくトレーダーになるためには、テクニカルな知識を深めるのと同時に、自分自身を作りあげていくいう意識が大切です。

LINEで送る
Pocket