テクニカル分析

トレンドの継続を教えてくれる隠れたダイバージェンス!?そんなの初めて聞きました!!

hidden-divergence
LINEで送る
Pocket

前回の記事で、ストキャスティクスなどのオシレータが示すダイバージェンスが、トレンドの終焉を示唆することを見てきました。レートは上げているのにも関わらず、オシレータが下げている状態がダイバージェンスでしたね。

しかしながら、実はこれとは真逆の、トレンドの継続を示唆してくれる隠れたダイバージェンスが存在します。これがその名の通り、ヒドゥンダイバージェンスです。

1.トレンド継続を示唆する隠れたダイバージェンス

ストキャスティクスやダイバージェンスの、基本的な見方や使い方・本質については、下記の記事でご紹介していますので、まずはそちらを確認してからこの先にお付き合いください。その内容を前提として、解説させて頂きますね。

*ストキャスティクスについては、記事:ストキャスティクスって必要!?買われ過ぎ売られ過ぎなんて表してません!!を確認してください。

*ダイバージェンスについては、記事:ダイバージェンスって何を教えてくれるの!?トレンド転換のサインじゃないんだって!!を確認してください。

 
それでは早速ですが、下図を見て下さい。

ヒドゥンダイバージェンスとダイバージェンスの違い

上図は、ダイバージェンスの記事で使用したものと全く同じ、ドル/円5分足の実チャートです。今回も20期間の移動平均線と、それに対応した20期間のストキャスティクスを表示させています。

図の(A)・(B)で、レートは高値を更新しているのにも関わらずストキャスティクスは切り下げている、この状態がダイバージェンスでしたね。トレンド転換のサインではなく、今の上昇の勢いが衰えてきたことを示す、すなわちトレンドの終焉を示唆するサインでした。

 
ここで、図の(1)を見てください。レートの安値は切上げているのにも関わらず、ストキャスティクスの底値は切り下げています。これがヒドゥンダイバージェンスと呼ばれる状態で、その後のトレンド継続(上図の場合は上昇トレンド)を示唆するサインとなります。

実際に上図でも、(1)のヒドゥンダイバージェンスの発生から更にレートは上昇していますね。(1)でストキャスティクスが一旦しっかり下げて、相場が次の上昇へのエネルギーをギュ〜ッと溜め込んでいる様子を視覚的に見せてくれています。

2.2種類のダイバージェンスの違いと見つけ方

このように、ダイバージェンスにはトレンド終焉を示唆するものと、トレンドの継続を示唆するヒドゥンダイバージェンスの2種類が存在します。しかしながら、上記のような説明だけでは違いが分かりにくいですよね。

まず、ダイバージェンスを判断するには、レートが上昇中なのか下降中なのかで見方が変わります。下図を見てください。

上昇トレンド中のヒドゥンダイバージェンスの見つけ方

上図は、上昇相場の中でのダイバージェンスの考え方です。ダイバージェンスは、レートの高値の切り上げに対する、ストキャスティクスの山の切り下げで判断します。

ヒドゥンダイバージェンスについては、レートの安値の切り上げに対する、ストキャスティクスの谷の切り下げで判断するんですね。

続いて下図は、下落相場の場合です。

下降トレンド中のヒドゥンダイバージェンスの見つけ方

下落相場の中でダイバージェンスは、レートの安値の切り下げに対する、ストキャスティクスの谷の切り上げで判断します。

ヒドゥンダイバージェンスについては、レートの高値の切り下げに対する、ストキャスティクスの山の切り上げで判断することになります。

慣れるまでは非常にややこしく難解に感じますが、何度も上記のような見方をし続けているうちに、無意識レベルでパッと見て判断できるようになります。ストキャスティクスをはじめとするオシレータを使って、レートの高安値を追いかけてトレンドを判断する基本となりますので、是非身につけてください。

3.ダウとダイバージェンスでトレンドを追いかける

それでは、レートの高安値を追いかけるダウとダイバージェンスを確認しながら、どのようにトレードしていくのかを見ていきます。少しややこしくなりますが、しっかりついてきて下さい。

*ダウ理論については、記事:テクニカル分析の元祖ダウ理論!トレンドの継続・転換がまるわかり!?を、確認してください。

下図は、大きな下降トレンド中のドル/円5分足の実チャートです。これまでと同じように、20期間の移動平均線とそれに対応した20期間のストキャスティクスを表示させています。

ヒドゥンダイバージェンスとダイバージェンスを使ったトレード事例

大きな下降トレンドの中で、どこかの戻り目で売りエントリーを仕掛けたい相場ですね。

まず(1)で、高値を切り下げたのにも関わらずストキャスティクスの山は切り上げて、ヒドゥンダイバージェンスが発生しています。次の下落のエネルギーを溜めて、ここはひとつの戻り目でありトレンド継続かな?と考えます。

その後ダブルトップを形成して、ネックラインを割ってきた(2)のポイントで下降トレンドの継続が確定し、この(2)はひとつのエントリーポイントになりますね。

その後は下落するも、小さく安値を切り上げながら(3)で移動平均線も上抜いてきています。この(3)は、デイトレードレベルで刻むのであれば一旦決済しても良いポイントと言えます。

次の(4)では、(1)→(4)で高値を切り下げるもストキャスティクスの山は切り上げて、再度ヒドゥンダイバージェンス発生・下降トレンド継続かな?と考えます。その後、戻り目方向のトレンドラインを割ってから、ラインで反転して高値切り下げ。そのまま移動平均線を下抜いてきた(5)は、ひとつの売りエントリーできるポイントになりますね。

ヒドゥンダイバージェンスとダイバージェンスを使ったトレード事例

その後(6)で安値を更新していますが、ストキャスティクスの谷は切上げてダイバージェンスが発生しています。そろそろ下落の勢いも終焉かな?と考えることができますね。

もし(6)に、明確なサポートラインなどが存在していればこの局面で決済するのも良いですし、その後小さく安値切り上げ・高値更新している(7)は一旦早めに決済しても良いポイントです。

次の(8)で、明確に安値を切り上げて高値を更新・移動平均線も上を向きはじめ、トレンド転換が確定します。その後、安値を切り上げるもストキャスティクスの谷は切り下げるヒドゥンダイバージェンスが発生して、次の上昇を示唆していますね。

そのまま押し目方向のトレンドライン・移動平均線を上抜いてきた(9)では、今度は少し買っていっても良い局面をむかえています。

4.まとめ

このように、トレンド判断の基本である高安値を追いかけるダウと、オシレータが示すダイバージェンス・ヒドゥンダイバージェンスを組み合わせることで、トレンドを非常に捉えやすくなりますね。

ただ、前回の記事でも書いた通り、あくまで相場を判断する主軸は値動きであり、ストキャスティクスをはじめとするオシレータが示すサインはその補助です。オシレータは、トレーダーをよくだますからです。値動きから判断できる根拠に、オシレータの根拠も加わればなお良い!くらいの感覚が良いと思います。

ダイバージェンスやヒドゥンダイバージェンスは、パッと見つけられるようになると、エントリーにも決済にも使える非常に大きな武器になります。相場を判断するひとつの技術として、是非チャレンジしてみてください。

LINEで送る
Pocket

トレード開始後わずか1年7ヶ月で専業になれた、私に訪れた衝撃的な出来事とは?

資に対する常識的な考えをお持ちの方にとって、とても信じ難い内容になるかもしれません。非常識な成功を目指している方のみ、この先にお付き合いください。

 
私もFXを始めた当初は、自分が買えばレートは下がり、売れば上がり始めるということを何度も経験し、負けトレードを繰り返していました。何故自分の思惑とは逆の方向ばかりにレートは進むのか?いくら考えても検証しても答えが見つからず、所詮トレードなんてギャンブルなんだと半ば諦めかけていました。

そんなときにふと、ある広告が目に入ってきたんです。「他の投資家の心理をチャートから読み取って。。」確かそんな感じだったと思います。そのとき何故か分かりませんが「投資家の心理」という言葉に惹かれて、気が付くとそのトレード本の注文ボタンをクリックしていました。

 
撃的でした。。そこには、これまで自分が考えていたトレードとは別次元の世界が広がっていたんです。ランダムに動いているように見えるチャートから、他の投資家のそんな心理まで見通すことができるのか。。何故レートは上下するのか、何故そこで急騰・急落するのか、その意味がやっと理解できたんです。

その日を境にチャートの景色がガラッと変わり、本当に面白いように思惑方向に値が動いてくれるようになりました。トレードしているという感覚が、自分でも実感できるようになったんです。

 
各種ラインを使ったFXトレードを解説した投資関連書籍

様々なテクニカル分析を解説した4冊のFXトレード教本

のトレード関連の本棚です。このトレード本の著者の方の書籍以外は、もう必要がなくなりました。逆に、他の書籍の内容は今の私にとっては全て雑音になってしまうため、もうトレード関連の書籍を買うことはありません。

ただ、このトレード本は一般の書店では一切販売されておらず、重版の予定もないためもう早々に提供が終了してしまうかもしれません。

 
場参加者の9割以上が、負けを繰り返し退場していきます。他と同じ思考で、他と同じ行動をしていては勝つことはできないということです。稼ぐトレーダーは、そうした9割以上の投資家の行動を逆手にとって、自らの行動を決定しています。

あまりに多くの方にこのトレードの本質を知られてしまうと、将来的には相場はより難しいものに変化するかもしれません。しかしながら、このサイトに来てここまで読んで頂いたあなたには、是非知って頂きたいことだったので公開させて頂きました。

 
の投資家の行動をあざ笑いながら、一人勝ちする事に興味はありますか?あなたにも是非、笑えるくらい勝ち続ける快感を体験して頂きたいと思います。

 

無料でこの本を受け取る