相場環境・トレード解説

2018.11.22 ユーロドル 相場環境

 
2018年11月22日-AM8:00時点でのユーロドルの相場環境について、テクニカル分析に基づく総合的な見地から、今後の注目すべき値動き・価格動向・トレードポイント等を探ります。

1.ユーロドル日足チャート

2018年11月22日のユーロドルの日足チャート

現在は週足レベルでも下降トレンド中(赤)で、日足でも下降トレンド(青)を継続しています。したがって、上昇して抵抗ライン際まで戻すとまだ戻り売りも入りやすく、直近でも一旦頭を押えられています。

しかしながら、下げ幅を減少させ、かつ直近の戻しの上昇幅も大きく、日足20MA(青)もレートを足元から支えるように水平気味になっています。したがって、もう下げ止まりで安値を切上げてくると見ているトレーダーからすれば、下げてきたところは押し目買いとして買っていきたくなる局面でもあります。

この後、高値切下げポイントを形成してくるのか・安値切上げポイントを形成してくるのか(黒)、下位足でその判断をしていくことになります。

2.ユーロドル4時間足チャート

2018年11月22日のユーロドルの4時間足チャート

日足レベルでは下降トレンド継続中(赤)でしたが、直近4時間足では短期的な上昇トレンドを崩しています(青)。日足の相場環境からこの後、結局高値を切下げてもう一段の下げに向かうのか、もしくは安値切上げポイントを形成し押し目買いとして足元から買われ直すのかを判断していきます。

現状4時間足MA(青)は、レートを押えるように推移しているため戻り売りも入り易いですが、足元の直近安値はサポートされて安値を切上げようともしているため、下げてくると買われやすい相場環境でもあります。

2018年11月22日のユーロドルの4時間足チャートからの買い戦略

例えば下位足で買いを検討していくには(上図例)、現状レートを押えている4時間足MA(青)が最低でも水平となり、再度安値を短期的にも切上げてくるような展開になれば、サポートされた上位足の切上げポイントの足元の反転を買いで拾っていくシナリオが考えられます。

直近安値は現状、一旦のサポートを受けています。

2018年11月22日のユーロドルの4時間足チャートからの売り戦略

また、4時間足MA(青)がレートを押え、高値を切下げてきているようにも見えているため、下位足のトレードとしても売りシナリオを用意しておく必要があります(上図例)。ただ、直近の安値がサポートを受け、日足の相場環境より足元から買いが入るリスクを考慮する必要があり、現状は上昇トレンドラインにも支えられています。

レジスタンスされ短期的にも切下げを見せれば、その高値切下げポイントの反転を下位足で売りでついていくシナリオが考えられます。その際は直近安値をまずは割れるかどうかですが、少し下抜けたとしても直下にもいくつかサポートされやすい高値が控えているので注意します。

3.まとめ

現状は売り買いの攻防が起こりやすい相場環境であるため、下位足のトレードとしても中途半端に手を出すと無駄な損失を出しやすくなります。まずは分かり易い節目ラインにレジスタンス・サポートされるのを確認し、それがない局面では見送るという判断が、最良の選択となり得ることは忘れてはいけません。

また多くのトレーダーは、一つ一つの取引の勝ち負け・結果にばかりこだわりますが、利益を安定して積み上げているトレーダーは一つ一つのプロセスに集中しています。自分が仕掛けるべき局面で仕掛け、手仕舞うべき局面で手仕舞う、それを繰り返すことで利益は後からついてくるものです。銭勘定は週末にゆっくり行えば良く、相場に向き合っている時は余計なことは考えず、ただシンプルに自分がすべき次の行動に集中します。

トレード開始後わずか1年7ヶ月で専業になれた、私に訪れた衝撃的な出来事とは?

資に対する常識的な考えをお持ちの方にとって、とても信じ難い内容になるかもしれません。非常識な成功を目指している方のみ、この先にお付き合いください。

 
私もFXを始めた当初は、自分が買えばレートは下がり、売れば上がり始めるということを何度も経験し、負けトレードを繰り返していました。何故自分の思惑とは逆の方向ばかりにレートは進むのか?いくら考えても検証しても答えが見つからず、所詮トレードなんてギャンブルなんだと半ば諦めかけていました。

そんなときにふと、ある広告が目に入ってきたんです。「他の投資家の心理をチャートから読み取って。。」確かそんな感じだったと思います。そのとき何故か分かりませんが「投資家の心理」という言葉に惹かれて、気が付くとそのトレード本の注文ボタンをクリックしていました。

 
撃的でした。。そこには、これまで自分が考えていたトレードとは別次元の世界が広がっていたんです。ランダムに動いているように見えるチャートから、他の投資家のそんな心理まで見通すことができるのか。。何故レートは上下するのか、何故そこで急騰・急落するのか、その意味がやっと理解できたんです。

その日を境にチャートの景色がガラッと変わり、本当に面白いように思惑方向に値が動いてくれるようになりました。トレードしているという感覚が、自分でも実感できるようになったんです。

 
各種ラインを使ったFXトレードを解説した投資関連書籍

様々なテクニカル分析を解説した4冊のFXトレード教本

のトレード関連の本棚です。このトレード本の著者の方の書籍以外は、もう必要がなくなりました。逆に、他の書籍の内容は今の私にとっては全て雑音になってしまうため、もうトレード関連の書籍を買うことはありません。

ただ、このトレード本は一般の書店では一切販売されておらず、重版の予定もないためもう早々に提供が終了してしまうかもしれません。

 
場参加者の9割以上が、負けを繰り返し退場していきます。他と同じ思考で、他と同じ行動をしていては勝つことはできないということです。稼ぐトレーダーは、そうした9割以上の投資家の行動を逆手にとって、自らの行動を決定しています。

あまりに多くの方にこのトレードの本質を知られてしまうと、将来的には相場はより難しいものに変化するかもしれません。しかしながら、このサイトに来てここまで読んで頂いたあなたには、是非知って頂きたいことだったので公開させて頂きました。

 
の投資家の行動をあざ笑いながら、一人勝ちする事に興味はありますか?あなたにも是非、笑えるくらい勝ち続ける快感を体験して頂きたいと思います。

 

無料でこの本を受け取る