FXの基礎

逆行しないで!!一気に思惑方向に伸びるエントリーポイントが知りたい!?

concentrate-buy-order
LINEで送る
Pocket

トレードをしている限り、エントリーしたら逆行せず思惑方向に一気に伸びて欲しい!というのは、トレーダー全員の願いです。では、そのように一気に伸びてくれるのは、どのようなポイントなのでしょうか。

買い注文が集まればレートは上昇し、売り注文が集まるとレートは下げて行きます。この当たり前に思える基本的なことが、大きなポイントとなります。

1.上位足の投資家も資金を投入したくなる環境か

レートが一気に上昇するためには、買い注文がたくさん入る必要があります。当たり前と言えば当たり前ですが、実際のトレードでこれを意識している方は少ないのではないでしょうか。

デイトレードであれば、5分足や15分足などを見てトレードする方が多いと思いますが、いざ買い注文を入れるときに、その後より上位足でトレードしている投資家も追随してくる環境であるかどうか。自分がエントリーした後、他の投資家も追随して資金をどんどん投入してくれば、レートは思惑方向に一気に伸びることになります。

そのため、自分がトレードしている時間足より、上位の時間足の相場環境を把握することが大切になってきます。5分足でトレードしているのであれば、1時間足や4時間足・日足の相場環境を見るということですね。

1-1.多くの投資家が意識して注文を入れたくなるライン

市場に参加している多くの投資家が、最も意識するのがレートの高値・安値です。高値を更新してくれば、相場は強気だと判断して買ってくる投資家が増え、安値を更新してくれば相場は今弱気だと判断する投資家が増えてきます。

もちろん逆張り派の投資家は、高値を更新しても逆に売りを仕掛けてくるかもしれませんが、多数派はどちらかということです。普通は、高値を更新すれば買っていこうかな?と考える人が多いですよね。

下図を見て下さい。

買い注文が集中して一気に上昇したチャート図

上図はポンド/ドルの5分足の実チャートですが、(A)のポイントで一気にレートは上昇しています。一気に上昇したということは、一気に買い注文が入った・買い注文が集中したということです。

上昇の起点となったこの(1)のラインは、過去に何度も高値をつけた上位足からもはっきりと認識できる高値ラインでした。多くの投資家が意識する分かりやすい高値ラインであるために、ここを抜ければ買っていこう!という投資家が、ライン際に指値注文をたくさん入れてきます。

指値を入れなくても、このラインを上抜ければエントリーしよう!と、その瞬間をチャートの前で待っている投資家も増えてきますね。

そして実際にラインを抜けると、それまで入っていた指値注文を巻き込みながら成り行きの買い注文、さらには上昇してきたから便乗しよう!という素人トレーダーの買い注文まで巻き込んで、レートは一気に上昇することになります。

2.他の投資家の損切りはどこに溜まっているのか

レートが一気に伸びてくるためには、先述の多くの投資家が注文を一気に入れてくるのに加えて、多くの損切り注文をも巻き込む必要があります。

損切りを入れるポイントの基本は、直近の高安値ですよね。買い注文を入れたのであれば、損切りは直近の安値に入れるのがセオリーです。上昇することを見込んで買い注文を入れたのに、逆に直前の安値を割ってしまうと、その後レートは下げてくる確率が一気に高まるからです。

*この損切りの考え方は、ダウ理論がベースとなっています。ダウ理論については、記事:テクニカル分析の元祖ダウ理論!トレンドの継続・転換がまるわかり!?を確認してください。

損切りラインの基本チャート図

この損切りラインは、多くの投資家が実際に使用するラインであるため、分かりやすい高値や安値には多くの損切り注文が溜まりやすくなります。

それでは実際のチャートで、この損切り注文を巻き込んで一気にレートが動き出す様子を見てみます。下図を見てください、先ほどと全く同じポンド/ドルの5分足チャートです。

損切り注文と指値注文を巻き込んで一気に下落するチャート

図の(B)のポイントから、一気にレートは下げています。この下落の起点となったラインは、(2)になりますね。

(2)のラインでは、図中の▲印で示しているように何度も安値をつけています。何度も安値をつけて分かりやすいラインであるために、ここを下抜ければ売っていこうかな?という投資家が増えていきます。

また、(あ)付近でレートは上昇しているため、この付近で買い注文を入れてきた投資家がいるのが分かります。その買い注文の損切りとなる売り注文は、直近安値である(2)のライン際になりますね。

ということで、(2)のライン際には、ここを下抜けたら売っていこう!という投資家の売り注文と、それまで買っていた投資家の損切りの売り注文が集中することになります。売り注文が集中すれば当然、(2)のラインを下抜いた(B)のポイントからレートは一気に下落することになります。

下げるべくして下げる・100%下げてくるのが、(B)のポイントです。売り注文がたくさん入っている・入ってくるなら、レートは下げるしかありません。

損切り注文と指値注文を巻き込んで一気に下落するチャート

では、その後の動きも見てみましょう。次の分かりやすい安値をつけたラインが、(3)になりますね。図の(い)付近では、レートはかなり上昇しているため、ここで買っていった投資家が多い・買い注文に多くの資金が入ったことが分かります。

そうすると、(い)付近で買っていった投資家の損切りの売り注文は、(3)のライン際に溜まっていきます。(B)から一気に下げてきた勢いで(3)まで下抜くと、これらの売り注文も巻き込んで更にレートは下げることになります。

次の(4)のラインも、全く同じですね。ここでは3度も安値をつけ、上位足からもはっきり認識できるラインであるために、ここを下抜ければ売ろう!という投資家は当然多くなります。(う)付近で買っていった投資家の、損切りの売り注文も当然入っているので、(4)を割り込めば更にレートが下げるのは必然となります。

3.まとめ

買い注文がたくさん入ればレートは上昇し、売り注文がたくさん入ればレートは下落します。当たり前のように聞こえますが、チャートを目の前にすると、どうしてもインジケータの動きやサインばかりに目がいってしまいます。

みんなが注文を入れたくなるのはどこなのか、たくさんの指値注文や損切り注文が既に入っているのはどこなのか、それが分かればあとはその流れに資金を乗せれば良いことになります。

その注文の集中が起こるのが分かりやすい高値・安値であり、そこに1本のラインをしっかり引けるかどうかが勝敗を分けるとも言えるんですね。

チャートには、投資家の過去の行動履歴が全て残っています。どこにどれくらい注文が入っているのかを、投資の情報サイトなどで見ている人がいますが、そんなものを見なくてもチャートが全てを語ってくれています。

*水平ラインについては、記事:水平線の正しい引き方知ってる?ラインがないとトレードなんてできません!!を確認してください。

LINEで送る
Pocket

トレード開始後わずか1年7ヶ月で専業になれた、私に訪れた衝撃的な出来事とは?

資に対する常識的な考えをお持ちの方にとって、とても信じ難い内容になるかもしれません。非常識な成功を目指している方のみ、この先にお付き合いください。

 
私もFXを始めた当初は、自分が買えばレートは下がり、売れば上がり始めるということを何度も経験し、負けトレードを繰り返していました。何故自分の思惑とは逆の方向ばかりにレートは進むのか?いくら考えても検証しても答えが見つからず、所詮トレードなんてギャンブルなんだと半ば諦めかけていました。

そんなときにふと、ある広告が目に入ってきたんです。「他の投資家の心理をチャートから読み取って。。」確かそんな感じだったと思います。そのとき何故か分かりませんが「投資家の心理」という言葉に惹かれて、気が付くとそのトレード本の注文ボタンをクリックしていました。

 
撃的でした。。そこには、これまで自分が考えていたトレードとは別次元の世界が広がっていたんです。ランダムに動いているように見えるチャートから、他の投資家のそんな心理まで見通すことができるのか。。何故レートは上下するのか、何故そこで急騰・急落するのか、その意味がやっと理解できたんです。

その日を境にチャートの景色がガラッと変わり、本当に面白いように思惑方向に値が動いてくれるようになりました。トレードしているという感覚が、自分でも実感できるようになったんです。

 
各種ラインを使ったFXトレードを解説した投資関連書籍

様々なテクニカル分析を解説した4冊のFXトレード教本

のトレード関連の本棚です。このトレード本の著者の方の書籍以外は、もう必要がなくなりました。逆に、他の書籍の内容は今の私にとっては全て雑音になってしまうため、もうトレード関連の書籍を買うことはありません。

ただ、このトレード本は一般の書店では一切販売されておらず、重版の予定もないためもう早々に提供が終了してしまうかもしれません。

 
場参加者の9割以上が、負けを繰り返し退場していきます。他と同じ思考で、他と同じ行動をしていては勝つことはできないということです。稼ぐトレーダーは、そうした9割以上の投資家の行動を逆手にとって、自らの行動を決定しています。

あまりに多くの方にこのトレードの本質を知られてしまうと、将来的には相場はより難しいものに変化するかもしれません。しかしながら、このサイトに来てここまで読んで頂いたあなたには、是非知って頂きたいことだったので公開させて頂きました。

 
の投資家の行動をあざ笑いながら、一人勝ちする事に興味はありますか?あなたにも是非、笑えるくらい勝ち続ける快感を体験して頂きたいと思います。

 

無料でこの本を受け取る