テクニカル分析

レジサポライン見逃してない??強力な抵抗線・支持線として、トレードが超ラクに!?

resistance-suppot-line
LINEで送る
Pocket

相場は常に過去の高値・安値が意識され、上値抵抗としてレートを押えるレジスタンスライン・レートの下値を支えるサポートラインといった、分かりやすい水平線は多くの投資家に意識されるようになります。

ここでは、そうした意識されやすい水平線の中でも、特に強力に機能するレジサポラインと一般に呼ばれる水平線の、トレードでの活かし方を考えていきます。

1.抵抗線として機能したラインが支持線に変わる

これから先の内容は、記事:水平線の正しい引き方知ってる?ラインがないとトレードなんてできません!!の内容がベースとなるので、まずはそちらを確認してください。

それでは、レジサポラインの形成を模式的に表した下図を見て下さい。

レジサポラインの概念を模式的に表したチャート図

上図左のチャートで、1・2のポイントで明確に高値を押えられ、赤のレジスタンスライン(抵抗線)が引けるのが分かりますね。分かりやすい高値ラインであるために、再度レートが上値を試しに上昇してきた際には、多くの投資家が意識するラインとなります。

この赤の抵抗ラインを上抜けたら買っていこう!という投資家、あらかじめラインを上抜いたポイントに買い注文を入れておく投資家、抵抗が強いと判断して売りを仕掛けた投資家の損切りの買い注文などが、分かり易ければ分かり易い程このレジスタンスライン近辺に集中してきます。

 
その後上図右のチャートで、赤のレジスタンスライン(抵抗線)を一気に上抜き一旦下げるも、今度は3のポイントで赤のラインに支えられて再度上昇に転じていますね。それまでレジスタンスライン(抵抗線)として機能していた赤のラインが、3のポイントで一転サポートライン(支持線)として機能しました。

このとき、赤のラインはレジサポライン(レジスタンス・サポートライン)として機能したことになり、このラインが強力に意識され確定されたことになり、レートがしっかり支えられたことで以後非常に買っていきやすくなります。

レートの下値を、一旦強力なラインによって支えられたことが確認できたということです。

 
下図のように、その逆も全く同じです。サポートライン(支持線)として機能していたラインが、一旦下抜けた後に一転レジスタンスライン(抵抗線)として機能することにより、1本の強力なレジサポラインが確定していますね。

支持線として機能していたラインが抵抗線として機能した状態のチャート図

2.レジサポラインの確定するポイントでエントリー

それでは、上記のようなレジサポラインを利用したトレードを実チャートを使って考えてみます。

下図を見てください。ユーロ/円の1時間足の実チャートで、相場の方向・トレンドを分かりやすくするために20期間の移動平均線と、上位足である4時間足の20期間に相当する移動平均線を合わせて表示しています。

明確なレジサポラインが確認できるユーロ/円1時間足の実チャート

一旦の上昇トレンドを築いている局面というのが、一目で分かりますね。図中に赤の水平線を2本引いていますが、どちらもレジサポラインとして明確に機能しているのが分かりますか。

過去の高値を押えるレジスタンスラインであった水平線が、図中の(A)・(B)それぞれで今度はレートを支えるサポートラインとなり、レジサポラインとして機能しています。

(A)・(B)のポイントで、赤のラインがレジサポラインとして明確に機能し、強力に下値を支えられながら反転・上昇したことが5分足等の下位足で確認できれば、その確認できたポイントで買っていくことができます。

相場がラインより下の値で取引することを拒んだということで、一旦非常に買っていきやすい相場環境になります。

それでは、(A)・(B)それぞれのポイントでの下位足である5分足を確認していきます。

2-1.下位足でレジサポラインでの反転確定ポイントを探る-(A)

明確なレジサポラインが確認できるユーロ/円1時間足の実チャート

上図は、先ほど示したユーロ/円の1時間チャートです。図中の(A)のポイントで、赤のレジサポラインで反転・上昇している様子を5分足で確認してみます。

下図の5分足チャートを見てください。

レジサポラインを形成した後の5分足でのエントリーポイント

上図の(A)の局面での5分足を見てみると、(a)のポイントで赤のラインではっきりと反転してレジサポラインを築いているのが分かりますね。しかしながら、(a)で反転してきた!と判断し買っていくのは非常にリスクが高くなります。

(a)では未だ、赤のラインでの反転が確定しておらず、ちょっと反転・上昇の兆しが見えたものの再度下落に転じてしまい、レジサポラインとして機能しない可能性が高くなります。

レートが赤のラインで明確に反転し、相場が一旦上昇に転じたと確定するのは、「安値の切り上げ・高値の更新」が確認したポイントでしたね。ダウ理論による、トレンド転換の基本です。

*ダウ理論については、記事:テクニカル分析の元祖ダウ理論!トレンドの継続・転換がまるわかり!?を確認してください。

 
赤のラインで反転した後、はっきりと安値を切り上げ高値を更新したのが(1)のポイントになり、ここで買いエントリーすることが可能となります。また、この直近高値に引いた図中の黒の水平線も、(1)で上抜けた後、一旦サポートラインとしてレートを支えているのも分かりますね。

上位足である1時間足で確認できるレジサポラインに支えられて、下位足である5分足でもレジサポラインを築いて反転・上昇しているので、(1)でエントリー後は安心して上昇を見守ることができます。

決済は、短期のトレンドラインを割ってくる(2)などが、デイトレードレベルのトレードではひとつの決済ポイントになりますね。

2-2.下位足でレジサポラインでの反転確定ポイントを探る-(B)

明確なレジサポラインが確認できるユーロ/円1時間足の実チャート

それでは同じように、上図の1時間足でレジサポラインで反転・上昇している(B)のポイントを、下位足である5分足で確認してみます。

下図の5分足チャートを見てください。

抵抗線が支持線としても機能した後の5分足チャートでのエントリーポイント

(A)のポイントと同様に、過去の高値ラインであった赤のラインではっきりと支えられて、ラインがレジサポラインとして機能しているのが分かりますね。

また同様に、この反転ポイントでは未だ、赤のラインはレジサポラインとしては確定しておらず、明確な「安値の切り上げ・高値更新」が確認できる(1)のポイントで初めて確定し、この(1)がひとつの買いエントリーポイントになります。

(A)の局面と同じように、(1)でエントリー後、黒の直近高値ラインに一旦支えられて反転・上昇(レジサポラインとして機能)しているので、安心して上昇を見守ることができる相場環境になりますね。

決済は、小さく高値を切り下げながら移動平均線を割ってくる(2)のポイントや、短期のトレンドラインを割ってくる(3)あたりが、デイトレードではひとつの目安になるのではないでしょうか。

もちろん、上位足からしっかり上昇トレンドを築いているので、1時間足や4時間足の移動平均線などに沿って利を伸ばすのも有りだと思います。

3.まとめ

過去にレジスタンスライン(抵抗線)として機能していたラインが、一転してサポートライン(支持線)として明確に機能したとき、その1本の水平線は強力に意識されレートが支えられることになり、その後の買いエントリーが非常にしやすくなります。

その逆も全く同じで、明確なレジサポラインで上値を押えられた後は、安心して売りエントリーすることが可能となります。

また、ラインで反転したことが確定するのは、レートが反転後一旦のトレンド転換を確定したときであり、それは高安値の切り上げ・切り下げを基本とするダウ理論に従うことになります。

明確なレジサポラインであればある程、強力に意識され機能してくるので、絶対に見逃さないようにしてくださいね。

LINEで送る
Pocket

トレード開始後わずか1年7ヶ月で専業になれた、私に訪れた衝撃的な出来事とは?

資に対する常識的な考えをお持ちの方にとって、とても信じ難い内容になるかもしれません。非常識な成功を目指している方のみ、この先にお付き合いください。

 
私もFXを始めた当初は、自分が買えばレートは下がり、売れば上がり始めるということを何度も経験し、負けトレードを繰り返していました。何故自分の思惑とは逆の方向ばかりにレートは進むのか?いくら考えても検証しても答えが見つからず、所詮トレードなんてギャンブルなんだと半ば諦めかけていました。

そんなときにふと、ある広告が目に入ってきたんです。「他の投資家の心理をチャートから読み取って。。」確かそんな感じだったと思います。そのとき何故か分かりませんが「投資家の心理」という言葉に惹かれて、気が付くとそのトレード本の注文ボタンをクリックしていました。

 
撃的でした。。そこには、これまで自分が考えていたトレードとは別次元の世界が広がっていたんです。ランダムに動いているように見えるチャートから、他の投資家のそんな心理まで見通すことができるのか。。何故レートは上下するのか、何故そこで急騰・急落するのか、その意味がやっと理解できたんです。

その日を境にチャートの景色がガラッと変わり、本当に面白いように思惑方向に値が動いてくれるようになりました。トレードしているという感覚が、自分でも実感できるようになったんです。

 
各種ラインを使ったFXトレードを解説した投資関連書籍

様々なテクニカル分析を解説した4冊のFXトレード教本

のトレード関連の本棚です。このトレード本の著者の方の書籍以外は、もう必要がなくなりました。逆に、他の書籍の内容は今の私にとっては全て雑音になってしまうため、もうトレード関連の書籍を買うことはありません。

ただ、このトレード本は一般の書店では一切販売されておらず、重版の予定もないためもう早々に提供が終了してしまうかもしれません。

 
場参加者の9割以上が、負けを繰り返し退場していきます。他と同じ思考で、他と同じ行動をしていては勝つことはできないということです。稼ぐトレーダーは、そうした9割以上の投資家の行動を逆手にとって、自らの行動を決定しています。

あまりに多くの方にこのトレードの本質を知られてしまうと、将来的には相場はより難しいものに変化するかもしれません。しかしながら、このサイトに来てここまで読んで頂いたあなたには、是非知って頂きたいことだったので公開させて頂きました。

 
の投資家の行動をあざ笑いながら、一人勝ちする事に興味はありますか?あなたにも是非、笑えるくらい勝ち続ける快感を体験して頂きたいと思います。

 

無料でこの本を受け取る