テクニカル分析

水平線の正しい引き方知ってる?ラインがないとトレードなんてできません!!

水平線とトレンドラインの引き方
LINEで送る
Pocket

チャートそのものだけでは、トレードに何の基準も見出すことができません。その基準を見出すために、トレーダーは水平線やトレンドラインといったラインを引き、移動平均線などのインジケータを表示させます。

ただ、ラインとインジケータには明確な違いがあり、インジケータが値動きを数値化したものであるのに対して、ラインはチャートの形状を基準にしています。そのため、インジケータは設定値によって全く異なった動きをしますが、ラインはチャート形状そのものが基準であるため、多くのトレーダーが同じものを意識しやすくなります。

1.相場はただランダムに動いているだけなのか。

水平ラインやトレンドラインのないチャート

チャートをただ眺めていると、そこには何の規則性もなくランダムに動いているように見えます。これから先の動きは全く予測できないものであり、トレードなんてギャンブルだと感じてしまうかもしれません。

相場に向き合ったことのない人からすれば、こう感じてしまうのも無理はありません。しかしながら、相場には明らかに絶対的な優位性が存在しています。

チャートには、市場に参加している投資家たちの心理や行動が色濃く表れています。もっと稼ぎたい・これ以上の損失には耐えられないといった、感情や行動によって相場は上下を繰り返しています。

チャート上の意識されている水平線

はじめのチャートに、水平線とトレンドラインを引いてみました。

この図のように、本当にただランダムに動いているだけであれば、これほど明確な水平線やトレンドラインを引くことはできないはずです。これらのラインから、多くのトレーダーが同じような心理で相場に向きあっていることがよく分かります。

このようなラインを正確に引き、しっかり意識して相場に向き合えることができれば、絶対的な優位性をもってトレードすることが可能になります。

1-1.過去のレートが現在の値動きに強い影響を与える。

相場は、目先の値動きに反応するトレーダーによって動いているのではありません。既にポジションをもったトレーダーの、今自分は利益が出ているのか・損失が出ているのかという事実で動いています。

つまり、投資家たちの過去にとった行動が今の値動きに大きな影響を与えています。

強く意識されている水平線とチャート

上図では、強く意識されている水平線を上抜けることで大きく上昇しています。

これは例えば、今は下落してきた相場の戻り目と考え、図の(1)や(2)の付近で売りエントリーしたトレーダーがいます。意識されている水平線は、彼らの多くの損切りラインとなり買い注文が集まります。

また同時に、はっきりと分かるラインであるために、このラインを超えてきたら買っていこうというトレーダーの指値の買い注文も集中してきます。この2者の買い注文の集中によって、ラインを上抜けた瞬間に一気にレートは上昇していくことになります。

このように、相場は目先の動きではなく、過去のレート・過去の投資家の行動に強い影響を受けていることが分かります。

2.意識が集中するポイントを教えてくれる水平線

これだけで勝っているトレーダーもいるというくらい、水平線は非常に重要です。安易な数値設定をしたインジケータよりも、過去のレートを考慮した水平線の方が圧倒的に信頼できますね。

相場は、需要と供給の多数決で動いており、買い勢力の方が強ければレートは上昇し、売り勢力の方が強ければレートは下落していきます。水平線は、その買い勢力と売り勢力の勝敗を分ける多くのトレーダーが意識するポイントを教えてくれます。

上位足でも意識されている水平線

需要と供給の多数決で動いているとすれば、ラインが多くの時間軸で共通に意識されているものであれば、より有効に働くことになります。

上図はユーロ/円の5分足のチャートですが、赤の水平線は1時間足・4時間足でもずっと意識されてきた水平線であるため、上抜けたときの上昇幅も大きくなっていますね。多くの時間足で意識されるラインであり、大きく買い勢力と売り勢力を分けるラインになっています。

その下に5分足レベルでだけ意識されている水平線がありますが、このラインを抜けてもそれほど大きくは下落していません。上位足でトレードしている投資家には、意識されていないためです。

3.主要な高値・安値を基準に引ける水平線

高値と安値に引いた水平線とチャート

多くのトレーダーがよく意識して引くラインが、この主要な高値・安値に引く水平線です。ただ、何か基準がなければ、どこを高値・安値とするのかが分からず、ちょっとした値動きの上下にもラインを引いてしまいます。

ひとつの基準としては、移動平均線がつくる山と谷を高値・安値とすると有効なラインとなることが多いです。移動平均線の設定値も、あまりに小さくても大きくても相場を的確に捉えることが難しくなるので、私は通常20期間の移動平均線を利用しています。

ひとつの高値というのは、投資家がこれ以上は高過ぎると判断して、ポジションを手仕舞う売りが入ることで形成されます。とすれば、再びその高値を試すときには、直近の高値に引いた水平線は当然のように意識されることになりますね。

再度高値を試すときに、前回の高値以上でも買い手が存在すればその高値は更新され、やはりその高値は高過ぎると再認識されれば更新されることなく、その後下落していく可能性が非常に高くなります。

つまり、高値・安値ラインを境にして、買い勢力の強いエリアと売り勢力の強いエリアに分けられることになります。

*移動平均線については、記事:もう逆行しない!!移動平均線の見方と、思わず唸ってしまう鉄板の使い方!?を、確認してください。

サポートラインとレジスタンスラインになる水平線

上図では、(1)で高値をつけた後一旦ポジション解消の売りが入ることで押し目をつくり、再度高値を試して見事に前回の高値ラインを更新していますね。

その後再び高値をつけたあとに売りが入り、(2)で反転して再度高値を試す動きになっています。ここで注目したいのが、(1)で引いた高値ラインが、(2)では安値ラインとして機能しています。

このように、ひとつの高値として引いた水平線が、安値として値を支えるラインとしても明確に機能するとき、相場はこのラインを確定させたと判断することができ(リターンムーブ)、その後の上昇を裏付ける非常に大きな要因となります。このラインを境に、買い勢力の強いエリアと売り勢力の強いエリアに分けることができますね。

4.最も重要なレジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスラインの引き方と使い方

チャートに引く水平線として、抵抗線とも呼ばれるレジスタンスラインと支持線であるサポートラインは、さらに強く意識されるラインとなります。

一旦高値をつけた後、再度その高値を試すも同値付近で下落した場合、その高値に引いたラインはレジスタンスラインとなります。2回以上値の頭を押えられたラインですね。サポートラインはその逆で、2回以上値が支えられたラインのことを指します。

上図では(1)で一旦高値をつけた後、再度その高値を試す動きになりますが、(2)で(1)とほぼ同値で2度3度と押えられてレジスタンスラインを形成しています。

これだけ何度も押えられると、今はこれより上値は無理!と皆が判断して、これまで買いポジションをもっていたトレーダーは一旦決済の売り注文を入れ、同時に新たに売りエントリーを仕掛けるトレーダーが増えることにより、レートは一旦下落することになります。

4-1.見つけにくいサポートラインを絶対に見逃さない

リターンムーブして意識されるレジスタンスラインとサポートライン

上図は、先程と全く同じ局面のチャートです。少し見つけにくいですが、図のようなサポートラインをしっかり意識することができるかどうかで、トレードは全く違ったものになります。

2度3度と支えられてサポートラインを形成した後、一旦レートは下抜けるものの戻してきて、図の(A)で反転して大きく下落していますね。サポートラインとして機能していたラインが、(A)で今度は抵抗線として機能しています。

これで相場はこのラインをはっきりと確定させたことになり、その後売りが非常に進みやすい相場になります。絶対に見逃してはいけないラインですね。

4-2.強く意識されている水平線は機能し続ける

機能し続けているレジスタンスサポートライン

上図は、先程の局面の続きのチャートです。(A)で確定させたラインは、その後も抵抗線・支持線として機能し、しっかり支えられた後は一気に上昇に転じていますね。

また、その勢いで(1)(2)で強く意識された水平線を抜けると、さらに勢いを増して上昇しています。このように、一度強く意識されたラインはその後も機能し続けることが多く注意が必要です。

4-3.トレンドラインと組み合わせることで見える世界

トレンドラインと水平線を組み合わせる

補足になりますが、水平線を引いた先程のチャートにトレンドラインを加えてみました。水平線だけでなく、トレンドラインでも値が押えられたり支えられたりしているのがよく分かりますね。水平線と同じように、トレンドラインを境にリターンムーブしているのも分かります。

このように、水平線とトレンドラインをしっかり引くだけで、今買うべきなのか・売るべきなのかといったことや、そろそろ決済すべきなのか・まだまだ値は伸びる余地があるのかといったことまで見えてきます。

■水平線・節目ラインの引き方の基本解説動画

■節目となる水平ラインを引くことで見える世界

 
*節目ライン・レジサポラインについては、記事:レジサポライン見逃してない??強力な抵抗線・支持線として、トレードが超ラクに!?を確認してください。

5.まとめ

水平線を1本引くだけで、チャートの景色は全く違ったものになります。強く意識されるラインであるほど、そこに損切り注文や指値注文が集中するようになり、抜けたときの上昇・下落も大きなものとなります。

水平線は、無ければトレードできないというくらい非常に重要です。その1本のラインを見逃してしまったことが、大きな機会損失にも繋がります。チャートに向かうときは、常にラインを意識したいですね。

 
*水平線によって相場をエリアに分ける考え方については、記事:水平ライン・トレンドラインで相場を階層に分ける!?チャートの景色がガラッと変わった!!も確認してください。

LINEで送る
Pocket

トレード開始後わずか1年7ヶ月で専業になれた、私に訪れた衝撃的な出来事とは?

資に対する常識的な考えをお持ちの方にとって、とても信じ難い内容になるかもしれません。非常識な成功を目指している方のみ、この先にお付き合いください。

 
私もFXを始めた当初は、自分が買えばレートは下がり、売れば上がり始めるということを何度も経験し、負けトレードを繰り返していました。何故自分の思惑とは逆の方向ばかりにレートは進むのか?いくら考えても検証しても答えが見つからず、所詮トレードなんてギャンブルなんだと半ば諦めかけていました。

そんなときにふと、ある広告が目に入ってきたんです。「他の投資家の心理をチャートから読み取って。。」確かそんな感じだったと思います。そのとき何故か分かりませんが「投資家の心理」という言葉に惹かれて、気が付くとそのトレード本の注文ボタンをクリックしていました。

 
撃的でした。。そこには、これまで自分が考えていたトレードとは別次元の世界が広がっていたんです。ランダムに動いているように見えるチャートから、他の投資家のそんな心理まで見通すことができるのか。。何故レートは上下するのか、何故そこで急騰・急落するのか、その意味がやっと理解できたんです。

その日を境にチャートの景色がガラッと変わり、本当に面白いように思惑方向に値が動いてくれるようになりました。トレードしているという感覚が、自分でも実感できるようになったんです。

 
各種ラインを使ったFXトレードを解説した投資関連書籍

様々なテクニカル分析を解説した4冊のFXトレード教本

のトレード関連の本棚です。このトレード本の著者の方の書籍以外は、もう必要がなくなりました。逆に、他の書籍の内容は今の私にとっては全て雑音になってしまうため、もうトレード関連の書籍を買うことはありません。

ただ、このトレード本は一般の書店では一切販売されておらず、重版の予定もないためもう早々に提供が終了してしまうかもしれません。

 
場参加者の9割以上が、負けを繰り返し退場していきます。他と同じ思考で、他と同じ行動をしていては勝つことはできないということです。稼ぐトレーダーは、そうした9割以上の投資家の行動を逆手にとって、自らの行動を決定しています。

あまりに多くの方にこのトレードの本質を知られてしまうと、将来的には相場はより難しいものに変化するかもしれません。しかしながら、このサイトに来てここまで読んで頂いたあなたには、是非知って頂きたいことだったので公開させて頂きました。

 
の投資家の行動をあざ笑いながら、一人勝ちする事に興味はありますか?あなたにも是非、笑えるくらい勝ち続ける快感を体験して頂きたいと思います。

 

無料でこの本を受け取る